ファンタジー頭へようこそ!

別名お花畑あたま。

どうやら父親の終末が近づいてきたらしい。

わたしの両親は両親とも別々の種類の虐待親である

父親の身体の具合が落ち込んできたという知らせを受けてから、わたしの精神的な具合もぐっと落ち込んでしまった。

 

虐待についてあまり考えたくない人はこの先を読まないでください。お願いします。

 

 

きっと、普通の家庭で育った方々には信じられないかもしれないけれど、わたしは親の死に目にも会いたくないし、お式にも出たくない。

想像するだけでもうパニックになる。

 

現在は両親ともに絶縁関係と保っているので、何とかわたしの精神はゆっくりだけど回復しつつある。

でも、もう両親ともにいい年である上に、両親ともに片方は癌の転移があちこちにあり、片方の親は指定難病におかされていて、ちょっとの変化でいつ何時この世を去ってもおかしくはない。

 

父親の知らせを聞いたときに、ああとうとうかー。

と、ものすごく暗くなった。

その理由は自分本位の理由で、絶縁したままでいたいけれど、世の中がそれを許してくれるかどうかそれが心配なだけ。

確かに自分勝手だとは思う。

 

虐待親は、己がしたことをきっと理解していないし、謝罪するなんてあるわけがない

その事はよくよくわかっているし、自分の過去も取り戻せないものだということもよくわかっているから、せめてこれから先の未来は、自分を大事にして自分のために生きていきたいと思っている。

 

だから、たとえ死に目であろうと会いたくないのです。

個人だけならともかくその周りにいる人たちにも会いたくない。

虐待を理解してもらえるわけがないし、その虐待の後押しをしていたという事実に気がつくわけもないから。

*これは父の元愛人、現妻のこと。わたしから見たら継母。

 

父も実母も、わたしのことを存在していないかのようにここ数年あつかっています。

だからあまり無理なく絶縁できた。

どちらも、わたしのことを気にしているそぶりさえ見せないから。

 

こんな年になってまで、実の親にここまでの仕打ちをされると、虐待を気がつかずにいた数十年のわたしの人生はいったいなんだったんだろうと思ってしまう。

 

わたしはいつも実妹と比較される存在で、わたしは常に悪い子でなければならないから、きっとちょうどよいんだろうけど。

 

わたしを含めてわたしの身内、全員いい加減大人になってほしいと思う。

 

まあ、両親は大人にならぬまま死んでしまうのだろうけど。

 

いつまでも虐待を引きずって生きていたくない。

ものすごく精神が頑丈だったら何食わぬ顔をして父親にも面会にいけるだろうし、もちろん葬儀にも出席できるだろうけれど、今のわたしには果てしなく遠すぎる。

 

どちらにしてもしんどいのは確かであるけれど、今、耐えられる精神は皆無。

 

なんて親不孝な娘なのだろうと思われる人が大半だとは思いますが、今わたしの精神がおかしくなってしまったら、まだ手をかけてあげなくてはいけない息子のことを放置してしまうことになる。

今受験真っ最中なのに…。

やることといえば学校との対応と、毎日目を覚まさせて学校へ送り出すだけなのだけど。(過眠症で起きることが難しいのです)

 

これを通り越したら、わたしも少しは地に足をつけて生きていけるかもしれない。

 

このブログを書きながらも、手が震えて仕方がない。

頓服もしっかり飲んでいるのですけどね。

 

明日精神科の通院日なので主治医としっかり相談してきます。

虐待はいつまでもいつまでも心に傷が残る…同じ立場の人たち被虐待児だった人たちも少しはその傷がいえますように。

 

 

わけのわからない文章と内容でごめんなさい。

それでも読んでくださってありがとう。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 

追記:ちょうど息子が祖父(わたしの父)のお見舞いから帰宅しました。状態はあまりよくないようです。

そしてやっぱり、わたしのことは何も話に出なかったそうです。

息子は、わたしがこのままお見舞いもお式も出ないことに賛成をしてくれています。

広告を非表示にする