読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジー頭へようこそ!

別名お花畑あたま。

何にもする気になれないのです。

つれづれごと むすこのこと

 

季節型のうつ、SAD(季節性情動障害)?

季節型のうつなんでしょうか、暑くなるとこういう日々が続いてしまいます。

生きていく上で絶対にしなくてはならないこと、

  • 身体的にはおトイレに行く、とりあえずご飯を食べる。
  • 家庭として、掃除(四角い部屋を丸く掃くレベルしかも一部屋だけ)そして洗濯。
  • 病気持ちとして、予約のある病院や相談機関に足を運ぶ(これが一番きつい)
  • お金を稼ぐための、仕事(週に1.5日、時間にするとたったの6時間)

このブログを更新していない間、これだけのことで精一杯でした。

じゃあ他の時間は何をしているの?と問われれば、

ずっと寝ていました。

普段調子が悪くても、横になりながらスマホでブログやtwtterをロムすることくらいは出来ていたんですけどね、それさえ、する気になれなかったのです。

 

去年もその前の年もずっとずっと夏は凹み気味でした。

今思うと去年のへこみ方が一番ひどかったかな?

今年はまだましと思いたいです。

 

外に出る用事といえば、自分の通院と息子の通院、相談機関。

週に一度から二度何らかな用事があります。

それにプラスして仕事。

残りの日は、ずっと家に引きこもっています。

用事がなければいったいどうなることやら…自分の事ながら心配になってしまいます。

そう考えると、病院に通院するとか、子どものための用事とか少ないながらも仕事とか、うつを抱えた人間にとって、ある程度の外出しなければならないことってとても重要なんだなあと思います。

 

去年はこの引きこもっている間、用事のある前日にしか身体を清潔にしなかったし(軽く水シャワーだけは浴びていた記憶がありますが)

調理らしきことは一度もしなかった記憶もあります。

(カンタンなそうめんや炒め物でさえしていなかったなあ)

外出するときも必要最低限のことしかしなかったです。

着ていくものはいつもほとんど同じ、髪はひっつめてお団子(カラーもほとんど出来なかったので白髪が目立っていました)

NETからもだいぶはなれていました。一月に一度くらいはブログを書いていたようですがその他なにもしてなかったようです。(記憶がとても曖昧)

 

それを思うと今年はまだまだ大丈夫。

週に一度はPC触りたくなるし、外出の際着ていくものを考える余裕があるし、髪もカラーをちゃんとしている。

ただ、これから先の長い夏が不安なのですよね~

去年は読書(含むコミック)さえ出来なかったけれど、今年は何とか少しずつでも読んでいきたいなあ。

横になって出来る貴重な自分時間の使い方ですからね、読書って。

 

この状態のことを息子と話をしました。

息子はというか息子も睡眠障害を患っていて、一日に10時間は眠らないと物事に集中できない体質です。

それでも今年は、すごく充実した時間の使い方をしています。

夜は11時には眠るのですが、早朝5時か6時には起きて自分の好きなこと主にPCと漫画を描くことをしています。

途中眠らないと体が言うことを聞かなくなるようで、眠くなってきたら昼寝をしています。

ただ、いつまでもダラダラとは寝ていません。起き上がって、自分のための時間を有効に使っています。

食事も夕食以外はほとんど自分で用意して食べています。

買い物にも行ってきてくれます。

わたしはとても楽させてもらっています。

 

息子が言うには、

オカンは自分の好きなことを何とかがんばってやるほうがいい。

しんどくなったらすぐに寝ればいいんだから。

 こんなことを言ってくれます。

ついつい甘えてしまいます。

 

以前はつけっぱなしで自分用に使用していたPCもちゃんと落してわたしがPCをやりやすいように時間を作ってくれています。

洗濯さえしてくれたらいいから…

みたいなことも言ってくれています。

ありがたい。

 

好きなことをするために自分の時間を作ることって大切ですよね。

その時間を作ることに、家族が協力的だととても幸せな気分になれます。

 

息子がせっかく作ってくれた時間ですから、何とか有効に自分の好きなことのために使っていきたいです。

自分の好きなことが少しでも出来ると元気もわいてきますからね。

 

 

 

 

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へ
にほんブログ村

 

最後まで読んでくださってありがとう。

皆さまとそして時間を作ってくれた息子に感謝。

 

広告を非表示にする