読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタジー頭へようこそ!

別名お花畑あたま。

見たもの読んだものに反応してしまう。

 

私は自分が書いたものを丁寧に扱わない。

描いてポンと放り投げている感じ。

このブログは特にそうだ。

正直に書くと、忘れてしまう率が高い。

だから同じような心の吐き出しを何度も書いてしまう

 

 NETの海に漂うちっぽけなゴミ

5年くらい前、同じようなことを書き連ねた公開設定せずに綴っていたブログがある。本当の日記。

自分の調子が悪くなって止めてしまったのだけど、今書いているものにとても似ている。

今書いているこのブログはNETの海にばらばらになって飛び散るちっぽけなゴミになるのだろう

以前書いていた物は箱にでもつめられて漂うこれまたちっぽけなゴミになるのだろう。

どちらもゴミであることに変わりが無い。

だけど、今こうやって公開して書いていることって良いのだろうかと悩みだした。

 心の叫びであるから自分宛でもありどこか当ても無い誰か宛かもしれない

それをたまたま見てしまった人はなんと思うのだろうか?

少し苦しく、申し訳なく思う。

 

出来るだけ素の自分でいたい 

自分のことだけ言えば、このブログを書くことは自宅にいてくつろいでいるのとよく似ていて、書いていけば行くほど確実に精神が安定しだしたこと。これはとても大きな喜び。まだまだこの先も書いていきたい。

そう言えば今書いていることと同じ悩みをはじめにとして書いていました。*1

あれを書いたときの方がキリリとしている。

そうこれを書くに当たってと出来るだけ素の自分でいたいいう思いが強く、いい人ぶるのを出来るだけ完全に近くやめにしたいと思っているから。

だけど、時々このままでいいのか悩んでしまう。やっぱり他者がいるのもだから…。

 

読んでくださる方には申し訳なく謝罪と読んでくださることへの感謝。

 

二つの事件のこと

何故朝っぱらからこんなことを書き出したかというと、昨日のベビーシッターの事件*2

黒子のバスケの事件の被告人意見陳述文*3が影響していると自分で思う。

私はすぐに見たもの読んだものに反応してしまう

そして感情を揺さぶられてしまう

最後に自分に置き換えてしまう

 

子どもは宇宙の宝物

今回は特に若い母親のことが重くのしかかった。

わたしも子どもを預けて働いたから、それも同じく夜の時間に。

身内に預けていたのだけれど、大きく育った息子に昔の事を聞くとやはり嫌だったと正直に話してくれた。わたし自身も嫌な思いをさせられたし現在もそれは続いている

女性が働くことのリスクは常について回る

今回の事件はその象徴だと思う。

母親を責めることなくこういう事件が二度と起きないように丁寧にみんなが考えるべきことなんだと思う。

やっぱり子どもはすべての人の宝物だと思うから。

 

とにかく重たかった 

黒子のバスケ被告意見陳述文も重たかった

我が家は底辺層である。

底辺からの叫び、いや、嫉妬やねたみの渦巻いたもの。そう感じた。

そして、その渦巻いた感情は私自身も持っていることに気付いてしまった

おだやかに暮らせることを今は一番に考えているので、そういった感情からははなれているが、いつ表面に現れるかわからない。

一度どんな形でもいい弱者のほうに立ってみるとそういう気持ちがゼロの人はいないと思う

そういう気持ちを何かに消化、変化、昇華させて毎日を生きていくしかない

それは苦しいけれど仕方のないことなのだと思う。

 

 

 

働くママの仕事と育児―私は両立!保育園探し&育休明けの働き方から再就職まで (たまひよ新・基本シリーズ+α)
 

 

 

気持ちを吐き出せて少し楽になったような気がする。

ありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
にほんブログ村

 

最後まで読んでくださってありがとう。感謝です。 

 

 

広告を非表示にする